Hop!Step!jamp! 思春期男子の育て方

我が家の思春期男子2人ついて書いてます!



我が家の鉄のルール 「ゲーム時間は1時間」

f:id:megumi-fp:20180622114337p:plain

 

 

息子たちはゲームが大好き。

私も元々ゲーマーなので分かりますが

ほっておけば、何時間もしているであろうぐらい大好き。

 

でも我が家には

「ゲーム時間は1時間」という鉄のルールがあります。

しかも、宿題・勉強を必ず終わらせてから。

このルール破ると、無期限でゲーム禁止になります。

(私のさじ加減で解除されるw)

 

↓ こちらの記事でいうと②の時間を守るですね。

 

megu-stepfami.hateblo.jp

 

そんなルールがある我が家ですが

昨日の夜明け、ふいに目が覚めたときのこと。

 

リビングからゴソゴソと音がする。

 

なにかおかしいと思い、リビングに行ってみると・・

 

ウロウロしながら

「あ・・お母さん、おはよう。今日は晴れるみたいやで」

と聞いてもいない天気を言う、長男w

(この状況にすでにワロテしまいそうになる母、我慢する)

 

テレビの音はミュート。

ゲーム機から熱気。

明らかにおかしな状況と挙動不審な長男に、母の勘が働く。

 

「なにしてたの?」

 

「え、だから天気予報を・・」

 

「だから、なにしてたの?(口調変更)」

 

「いや、、ゲーム機の調子を・・・」

 

「本当の事、言ったほうがいいと思うけど?」

 

「いや・・あの・・えっと、ゲームしてしまいました。」

 

「・・わかってるよね? ルール」

 

「はい・・」

 

と、まぁこんな感じに

私は怒ることもなく、叱ることもなく

息子はルール守らなかったことを後悔するのです・・( ̄ー ̄)

 

さらに嘘を重ねると、禁止期間は長くなるという恐怖のルール。

自分が決めたルールながら

恐ろしいルールだわ・・・。

こんな家の子供になりたくないwww

 

最近、「怒らない・叱らない子育て」が

本や、雑誌等でも取り上げられていますが

我が家では、「怒らない・叱らない」ではなく

「怒る・叱る必要がない」のです。

ルールを基軸にしているので

めったなことでは怒りません。(小言は言うけどね)

 

ルールを破ったら

子供が困る

そういう状況を作っています。

 
このシンプルな考え方は基本は彼からの教えですが

こちらの著者さんと考え方がそっくりでした。
 

「子育てプリンシプル」

専門行動療法士、臨床心理士でもある奥田健次さんの本は

どの本も、本当にシンプルで納得させらる内容に間違いなし。

見た目がかなりデンジャラスな感じですがww

失礼・・ワイルドです。

 

ちなみに

学校から帰ってきた長男は

ゲーム禁止期間を減らすため

勉強机に向かうのであった・・(笑

  

 ↓ ランキングに参加中!

にほんブログ村 家族ブログ ステップファミリー(再婚同士)へ


 このエントリーをはてなブックマークに追加