Hop!Step!jamp!

ステップファミリー日記です。

【シンママ再婚までの道】海外ハネムーン準備② パスポートの取得方法 編

アロハ~(^▽^) ハネムーンから帰ってきました!

ハネムーン旅行から帰ってまいりました!

ハワイの魅力にハマってしまう人の気持ちがよぉーく分かりました・・。

帰りたくない!と思わせる場所ですね^^

 

さてさて、出発準備に忙しく、ブログ更新できず申し訳ありません・・。

前回の続き、記憶が定かなうちに更新していきますね!

 

ハワイに行くための、やることリスト!

①ホテル・飛行機の予約

②パスポートの取得

③ESTA申請

④海外旅行保険の加入

⑤スケジューリング

⑥レストランの予約

⑦持ち物リスト作成

簡単に分けて7つの項目にしました。

 

②パスポートの取得

今回、初めての海外旅行だったのでパスポート取得も初めて!

取得自体、難しいものではありませんが

平日のお休みがない私たちにはなかなか大変な作業でした。

 

パスポートはどこで発行してもらえるの?

パスポート発行は各地にある 旅券事務所 のみで申請が可能です。

受け取りについては土日営業をしている所もあるようですが

申請については残念ながら、営業時間については平日のみです。

申請:平日9:00~18:30(地域により違いあり)

交付:平日・土日 9:00~17:00(対応していない地域もあり)

 

パスポート取得に必要なものは?

パスポート発行において必要なものは以下。

 

①一般旅券発給申請書

書類は事前にも取得できますが

申請当日、旅券事務所にて記入すればOK。

書き方についても、係員の方が横に付いて丁寧に教えてくださります。

 

②戸籍謄本又は抄本

申請日前6ヵ月以内に発行されたもの

※ESTA申請時に本籍地記入欄があるため、コピーしておくこと
 

③パスポート用写真

必ず、パスポートサイズのものが必要です。

写り方、大きさが違う場合は使用できず、撮り直しをお願いされる可能性があります。

また、特に女性に注意してもらいたいのが

カラーコンタクト!

派手でない、ディファインや黒色のカラコンでも 絶対NG です。

 

私自身、ディファインをしていたので

まさに 撮り直し という事態になってしまいました。

(幸い、写真屋さんがありましたので撮り直しできましたが・・)

 

近隣に写真機や写真屋がない場合は後日・・になりかねません。

 

④本人確認書類

運転免許証、マイナンバーなどの顔写真がついているものなら1点。

顔写真のないものは、複数必要なのでご注意ください。

(例:健康保険証&社員証など)

 
⑤手数料

手数料は以下となります。

こちらは交付当日、事務所で購入可能なので事前に準備は必要ありません。

10年旅券 (20歳以上) 16,000円

(収入証紙 2,000円+収入印紙 14,000円)

5年旅券 (12歳以上) 11,000円

(収入証紙 2,000円+収入印紙 9,000円)

5年旅券 (子供0~11歳) 6,000円

(収入証紙 2,000円+収入印紙 4,000円)


⑥住民票(必要な方のみ)

こちらは基本的には「必要ない」と思っていただいてOKです。

必要なのは以下の方のみ。

1.住基ネット利用を希望しない場合

2.住所登録を変更して平日で数えて1週間程度以内に申請される場合

3.学生・長期出張者・船員などの方が、居所で申請する場合

  

いつ交付してもらえるの?

交付は申請書を提出して、6日目 ですが

土日・祝日・年末年始は、基本受け取りができませんのでご注意ください。

 

例えば・・

2018年2月5日に申請した場合

        ⇒2018年2月13日以降に受取が可能。

 

申請時に交付開始日の掲示がありますので

見落とさないようにしておきましょう。

 

平日、お仕事されている方にとっては

パスポート発行手続きは時間的にかなり負担がありますので

スケジューリングが必須となります。直前に慌てないためにも

ハネムーン2~3か月前 には

パスポート取得を完了しておいたほうがよいと思います。

 

 

パスポート取得編 はここまで。

次回は、ESTA申請について記録していきます。

 

ブログランキング参加中です!

 
 

にほんブログ村 家族ブログ ステップファミリー(再婚同士)へ  にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ